2013-01-06

新年詠2013-1 テキスト

新年詠2013-1

大年の斉藤和義には惚れる  青山茂根
チャンネルを変えよと伯母の初電話  赤羽根めぐみ
一人降り一人乗りたる初電車  小豆澤裕子
中つ世の礎石あらはに除夜の星  天野小石
歯朶飾り家族図会あとかたもなし  五十嵐秀彦
石段の一段せまし松の内  五十嵐義知
草石蚕etc余りてなどか家族なり  池田澄子
初弓の的の真中のあをぐろき  池田瑠那
吉備線の晴着専用車両です  石原ユキオ
屠蘇飲んで次の金環食はいつ  今村恵子
初夢もやはり逃走してをりぬ  今村 豊
世界史をねむらせ雌雄の鷹めぐる  宇井十間
お正月白くて棒状のおしぼり  上田信治
元日の体育館から籠の音  上野葉月
御降や仄かにけぶる汁の椀  宇志
それぞれに雑煮語れば庭に鳩  江渡華子
雪沓で歩く道にも未来あり  衛藤夏子
牡蠣殻を積みしチーム七福神  江戸川ずるこ
赤ら獅子舞ふ古鳥居立ち尽くす  恵本俊文
淑気満つ照葉樹林文化かな  遠藤 治
ゆふさりのそれし手毬は月となり  大井さち子
屠蘇干してほのとオレンジ色の月  おおにしまこと
旧年の泥はねのあるハイヒール  岡田由季
探偵のいなくなる初日の出かな  岡村知昭
うろうろす読初の書に指挟み  小川春休
福鍋やぷんぷくりんの鬼が湧く  小川楓子

0 コメント: