2013-10-27

10句作品テキスト 髙勢祥子 秋声

髙勢祥子 秋声

もくもくと芋虫のゐる朝の道

くねくねと一葉落つるや画架の上

秋高し胴の実直なる太さ

書道教室鈴虫を増やしをり

吠えられて金木犀の香の外へ

パンパスグラス頂点をつくりゐる

舟に乗る勢ひにして螇蚸跳ぶ

虫籠を鏡台に置く響きけり

夜寒く鉤爪の如く栞を

秋声のひとつに2Hの鉛筆


0 コメント: