2014-05-25

10句作品テキスト 仲田陽子 四分三十三秒

仲田陽子 四分三十三秒

初夏の固くなりたる白絵具
はんざきがスペアの鍵を預かりぬ
籐椅子に月役の身を深々と
舟遊び眠りに落ちるまで揺れて
くちなわを解いておれば湿りだし
舌先に触れているなり凌霄花
黒百合のふところ深く眠りおり
蚯蚓鳴く四分三十三秒
触角の長い順から虫籠に
醒めぎわに紛れ込みたる鉦叩


0 コメント: