2014-06-15

10句作品テキスト 井上雪子 六月の日陰

井上雪子 六月の日陰

声になる最小限の語や春雷

蝙蝠の翅ほのほのと帰り来ぬ

届かない深さにこたへ青銀杏

ヤマボウシ背中を預けてしまひけり

逆境と遠く投げうつジキタリス

六月の日陰や花を見てなさい

君だけを遺して暮れる枇杷匂ふ

満月に泣くほどのこと初メロン

カビ・キラー置かれて六月ゆらゆらす

お互ひが眼裏にゐる夏至までは

0 コメント: