2014-06-29

10句作品テキスト 西村遼 春の山

西村遼 春の山

楼蘭國蜃気楼庁喫煙室

春荒れて笑ってしまう墓参り

壁ちぎりちぎりゆくかに春のナン

花冷えの広場に烏降りたちぬ

青年の太唇や春の雨

風神雷神呼びたくて春の山を売った

胸間を蝙蝠が飛ぶ花が飛ぶ

しろい野風あかい浮き輪は転々と

バス一輛鯨の如く曲がりけり

浸水のびん工場のびん船出

0 コメント: