2015-08-09

10句作品テキスト 柴田麻美子 雌である

柴田麻美子 雌である

子の宿る体を洗う薄暑かな

夫梅雨の匂いを連れて帰宅せり

水蜜桃かじりて我は雌である

知り合いもなくて夏祭りに二人

風鈴の揺れれば胎児宙返る

子は生まれいつかは死ぬる油蟬

血管の透ける乳房の汗ばめる

夕焼を見たいとせがむお腹の子

日盛のピアスの耳に触れらるる

コンビニの麦茶と弁当妊娠九か月

0 コメント: