2016-01-17

10句作品テキスト 顔の高さ 今泉礼奈

顔の高さ   今泉礼奈

元日に生まれて空のあをさかな

初声や魚をくはへて遠ざかる

海にどこか燃ゆる匂ひや初写真

冬芒ちがふ高さに流れけり

ケーキ詰めて箱やはらかし冬夕焼

水仙の夜風にぱつと立ちにけり

蠟梅が顔の高さにあれば寄る

蠟梅の花ごと落ちて日を集む

講義なき日の木蓮の冬芽かな

釦に糸頼りなし春遠からじ

0 コメント: