2016-04-10

10句作品テキスト 卒業 引間智亮

卒 業  引間智亮

瞳孔に海の色あり巣立鳥

タッチして最後の定期春朧

早春や新居の床に傷のあと

パンの耳買つて花散る夕べかな

愚の祭具受けて群れたる卒業子

鳥雲や学生証を返却す

卒業や駅近づいてきて無言

名刺に名刻まれ涼し入社式

流れゆく人工言語海雲喰う

菜箸のゆつくり冷えて卯月かな

0 コメント: