2016-12-25

【八田木枯の一句】道はみな空に靡けり年の暮 太田うさぎ

【八田木枯の一句】
道はみな空に靡けり年の暮

太田うさぎ


道はみな空に靡けり年の暮     八田木枯


『鏡騒』(2010年)より。

仕事納めも無事済んで正月休みに入ったビジネス街を歩く。ふだん見慣れた景色がどことなく清浄感を漂わせている。立ち並ぶビルは念入りに清掃され、玄関には立派な門松。でも、その為ばかりではない。歩を運ぶうち、ああそうかと気づく。車も人影も頗る少ないのだ。

道路は彼方まで見渡せて、その果てに空が広がっている。まるで空から伸びて空へ吸い込まれていくようだ。一年もまたこんな道なのかもしれない。すべての道を空へ収めて、間もなく新しい年が来る。




0 コメント: