2011-02-06

〔超新撰21を読む〕 大谷弘至の一句 野口裕

〔超新撰21を読む〕
国破れてサンガリア
大谷弘至の一句……野口裕

路地の奥朝顔の瀧かかりけり  大谷弘至

この作家、最後には生命論、地球論に行き着く傾きを持つ。その一環としてか、思ったよりも国家や時代を意識している。

  破れたる国の薺を摘みにゆく
  残る暑のごとき戦後と闘へる
  桃喰うてまだ政変を知らずをり

句にはどこかしら、諦観が漂う。国家や現代に期待せず、古きに遊ぶ。一瞬、江戸時代の古句かと、見まがうこともある。句柄を大きくさせる因は、その辺にあると見た。

大ぶりな句に人が感動するかどうかは、存外、書き手の思想の深さで決まるように思う。今後とも彼の思想の深化にたゆみがなければ、いよいよ多くの人を感動させることだろう。

さて、大阪にサンガリアという会社がある。社名の由来は、「国破れて山河あり」から来ている。(http://gigazine.net/news/20060814_sangaria/

  国破れて サンガリア
  敵も味方も ヨンダリア
  みーんなで仲良く 飲んだりア
  サンガリアコーヒー

昔、このフレーズにびっくりしたことがある。

うまく行けば、大谷の句はこの境地にまで達するだろう。上掲句にはその萌芽がある。


『超新撰21』・邑書林オンラインショップ

0 コメント: