2013-11-17

10句作品テキスト 大和田アルミ 桃剝いて

大和田アルミ 桃剝いて 

霞むまで線路真つ直神の旅
大鉢に盛つてごつごつ新豆腐
秋灯お菊人形似の人と
実朝の墓の暗きに残る蜂
玄関に風呂敷包み神の留守
いかにもの鳥打帽子松手入
桃剝いてそこここに付く指の痕
冬の月男が脛毛剃つてをり
につぽんの正しい日向ぼこの家
近松忌お前に首つたけだよと


0 コメント: