2007-05-13

連動企画 俳句図鑑 〔2〕 はいざら

連動企画 俳句図鑑 〔2 はいざら


さくらんぼの柄は灰皿へ捨てる  加倉井秋を

ひとり夜の煙草火で焼く蝗かな  赤尾兜子

煙草盆までとうすみの来ることも  波多野爽波

日だまりに煙草のうまし寒雀  角川源義

二三本残る煙草や松の内  会津八一

吹雪くわが日のいのち一つや煙草は二本  高柳重信

はづかしや榾にふすぼる煙草頬(づら)  上島鬼貫

雁渡る菓子と煙草を買ひに出て  中村草田男










compiled by saibara tenki

0 コメント: