2007-08-19

岡田由季 代表句50句 良き日

第1回週刊俳句賞岡田由季 代表句50句

良 き 日     



朧 夜 の ぬ る き 水 に て 飲 む 薬

よ く 見 れ ば す こ し 下 り の 蜷 の 道

遠 足 の 別 々 に ゐ る 双 子 か な

温 泉 の タ オ ル 弱 り し 鳥 曇

蛍 烏 賊 皿 の ど ん ど ん 暗 く な り


シ ス タ ー が 棟 か ら 棟 へ 白 た ん ぽ ぽ

寄 居 虫 の 楽 園 を ゆ く 歩 幅 か な

誰 か 一 人 足 り な い や う な 花 疲 れ

白 木 蓮 姉 妹 の 声 の 重 な り し

順 々 に 良 き 日 を 選 び 鴨 帰 る


春 の 宵 い つ か ら そ こ に あ る ラ ー 油

マ ン ボ ウ に 壁 の や は ら か 夏 兆 す

母 の 日 の 地 下 街 よ り の 光 漏 れ

脱 ぎ し も の の 嵩 小 さ か り 海 開 き

自 動 ド ア 開 く た び 散 る 熱 帯 魚


ス カ ー ト の 膝 を 抱 へ て 毛 虫 焼 く

水 槽 の 中 の 棲 み 分 け 明 易 し

端 居 し て 恋 人 す こ し 味 音 痴

沖 の 灯 へ く ふ ん く ふ ん と 水 母 か な

自 宅 兼 事 務 所 の ま は り 田 水 沸 く


夜 盗 虫 夜 は 大 き く な つ て ゐ る

父 と 子 が 母 の こ と 言 ふ プ ー ル か な

喪 失 部 分 あ り て 土 偶 の 涼 し か り

梅 雨 晴 れ 間 袋 を 覗 く カ ン ガ ル ー

夜 濯 の ス ト ッ キ ン グ の も や も や す


唇 に 重 な る 字 幕 夜 の 秋

朝 礼 の 一 人 上 向 く 今 日 の 秋

西 瓜 か ら 大 阪 湾 の 出 て き た り

人 乗 せ て 象 立 ち 上 が る 秋 の 風

秋 海 棠 猿 の 手 の ひ ら 冷 た か り


鳴 き な が ら 気 化 し て ゆ き し 草 雲 雀

用 も 無 く 阿 佐 ヶ 谷 へ 行 く 秋 高 し

か な か な や 攻 守 の 選 手 す れ 違 ふ

豊 の 秋 部 屋 い つ ぱ い に 布 団 敷 く

コ ス モ ス や 腑 分 け さ れ ゆ く オ ー ト バ イ


霧 の 這 ふ 卓 球 台 の 上 と 下

運 動 会 静 か な 廊 下 歩 き を り

フ ル ネ ー ム 呼 ば れ 枯 野 に 立 つ て ゐ る

寒 流 の 身 近 に あ り て 毛 糸 編 む

左 手 が 探 す ス イ ッ チ 神 の 旅


流 水 に 冬 菜 の 色 を 滲 ま せ る

涙 腺 に ひ つ か か り た る 捕 鯨 船

犬 の 眉 生 ま れ て き た る ク リ ス マ ス

霜 の 夜 ナ ー ス 上 手 に す れ 違 ふ

み な 開 き し 図 面 の 扉 夜 の 雪


少 し だ け 手 伝 つ て み る 雪 ま ろ げ

水 仙 花 隣 の 島 の 見 え て を り

冬 日 差 す 鏡 に 触 る る 赤 ん 坊

初 夢 に 大 き な 顔 の 出 て き た る

公 園 の 奥 ま で 歩 く 二 日 か な

0 コメント: