2007-10-21

柿本多映  いつより

柿本多映  いつより




触 れ な ば や 天 の 川 か ら 水 零 れ

後 頭 に 虚 空 ひ ろ が り 蓼 の 花

野 に 穴 を 想 へ ば 月 の 欠 け は じ む

上 七 軒 昼 顔 昼 の か ほ を し て
は は き ぐ さ 雨 戸 を 閉 め る 途 中 な り

焦 く さ き 空 で は な い か 不 如 帰

階 下 で は 煮 込 ん で ゐ ま す 鵙 の 贄

鶏 頭 の 殺 気 ス ペ イ ン ま で 行 く か

舌 を 出 す 倣 ひ 通 草 は 宙 に 熟 れ

無 花 果 の 枯 れ て い つ よ り 罪 と 罰






0 コメント: