2007-12-23

10句作品 テキスト 矢羽野智津子 四〇二号室

 四〇二号室     矢羽野智津子



吹かれきて落葉に落葉つまづきぬ

藪捲に触るれば昨夜の雨匂ふ

枯芒風がまるめてをりにけり

湯の里の玻璃澄む山彦物産店

しぐるるや気持ち右向き観世音

銀杏散る一蓮托生とも言へず

しぐれ忌の熱き足湯に浸りけり

茸飯折詰の底あたたかき

床の間に置きし高坏冬座敷

紅葉山展く四〇二号室




0 コメント: