2008-01-27

後記+プロフィール 040

後記  さいばら天気


例によって、あるときふと、なんの脈絡も契機もなく、思いついてしまったので、やります、第2回週刊俳句賞。

参加資格は大学生・専門学校生。この限定にも別に大した意味はありません(4年生の人は思い出つくってください、ってな感じではありますね)。単なる思いつきです。

ともあれ、やると告知したので、やります。全国の大学生・専門学校生諸君、ふるってご参加を!と、ここで大声で叫んでおきます。

一方、参加資格のない方もきっと大注目、と信じています。だって、これから俳句世間が退屈なものになるか、おもしろくなるか、それは、若い人たちが俳句とどうつきあっていくかによって大きく変わるはずだ、と、少なくとも私は信じているので。

あ、なにかわからないこと、聞きたいことがあれば、信治さんにでも私にでも、気軽にお問い合わせください。

 

今週号は、シリーズものが出揃いました。何度かご説明したと思いますが、記事の右下にある「ラベル」というボタンが便利です。これをクリックすると、シリーズの過去記事が新しい順に並んで表示されます。どうぞご利用ください。

 

去る25日、銀座「卯波」、鈴木真砂女が開いた小料理屋として知られる卯波が、半世紀の歴史を閉じました。といっても私は一度きり、ちょっと入っただけ。その手前の鰻屋さんはよく利用しましたが、卯波に出かける機会はあまりありませんでした。

再開発でたくさんの店がなくなっていきます。「街殺し」と表現する人もいます。

俳句世間で「花鳥諷詠」を美しげに語る人たちは、「日本」や「日本人」をよく持ち出します。「俳句は日本の~どうのこうの」「日本人が~どうのこうの」……。でも、その日本は、もうずいぶん昔から「土木国家」の道を邁進しています。街を殺すだけじゃなく、野山も川も海も殺しまくっています。

私は、昨今の環境保護運動にはとても懐疑的ですが、保守主義者なので、「開発」とやらのことを「あーあ、なんだかなあ」と思ってしまいます。

 

なんだか長くなりました。では、また、次の日曜日にお会いしましょう。



no.040/2008-1-27 profile

■茅根知子 ちのね・ともこ 
1957年東京生れ。1999年「魚座」入会。2007年より「雲」同人。第4回(2001年)「魚座」新人賞。第15回(2001年)俳壇賞。句集『眠るまで』(本阿弥書店)。俳人協会会員。

橋本直 はしもと・すなお
1967年生。「豈」同人、「鬼」会員。「俳句の創作と研究のホームページ」 http://homepage1.nifty.com/haiku-souken/

■斉田 仁  さいだ・じん
1937年群馬県高崎市生まれ。1971年「麦」入会。現在「麦」同人、現代俳句協会会員。句集に『斉田仁句集』(1982年・八幡船社)ほか。

■かまちよしろう かまち・よしろう
漫画家。1949年静岡県生まれ。早稲田大学漫画研究会、谷岡ヤスジのアシスタントを経て漫画家デビュー。代表作「こにくらじいさん」。現在、俳句と漫画のコラボをめざしたブログ「漫俳」を展開中。http://manhai.blog118.fc2.com/

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952 年兵庫県尼崎市生まれ。小池正博と二人誌「五七五定型」を年に一度出す。昨年11月に、第二号を発行。入手希望の方は、 yutakanoguti@mail.goo.ne.jpまで(定価なし)。その他、「もとの会」、「北の句会」、「樫句会」、「逸」、「垂人」に参加。 サイト「野口家のホームページ」http://www.saturn.dti.ne.jp/~ngyutaka/

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。ブログ「胃のかたち」 http://uedas.blog38.fc2.com/

さいばら天気 さいばら・てんき
1955年兵庫県生まれ。1997年「月天」句会で俳句を始める。現代俳句協会会員。句集に人名句集『チャーリーさん』(私家版2005年)。ブログ「俳句的日常」 http://tenki00.exblog.jp/




2 コメント:

民也 さんのコメント...

 新生劇場クロニクル by民也

凍蝶はやがて空地に家の立つ

家具一つ置かれてゐない木霊かな

リカちやんはお母さんウルトラマンは変なおじさん

料理本一円玉の澱むビン

学研の顕微鏡太い太いぞ

詰替えたペットボトルをすき間なく

ある時期のイルミネーション子は塾へ

出張を一日早く戻る家

「仲のいい家族でしたね」終盤か

ホームレス出て行くばかり枯団地

民也 さんのコメント...

 新説ピロロ物語シーズンⅡ④ by民也

賄ひのおばさんが好きレッドスネーク

道の辺のねえさんが好きレッドスネーク

無軌道な女生徒が好きレッドスネーク

名刺くれない女医さんが好きレッドスネーク

盛食ひの嬢ちやん見てるレッドスネーク

レッドスネークや薬効不明輸入薬

レッドスカーフや一子相伝読違ひ

レッドスネークや勇気百倍即担架

レッドスネークや英傑栄枯無頓着

レッドスネークや要電池限定通貨