2008-05-04

サラセンの風  中島 隆

【特集・海外詠】

サラセンの風  ……中島 隆

縦組20句は→こちら

烏賊墨のパスタの渦にひとりをり

アドリアの風涼しかり硝子窯

鉤鼻の仮面を売るや片かげり

ジパングはこの沖の沖日の盛る

サラセンの風に吹かるる揚羽蝶

石の間より贖罪の蜥蜴の目

簒奪と祈りの丘や青葡萄

啼く鹿やシャトーホテルの鎧窓

秋澄めり木片に似し聖者の手

頸長き女王のコイン秋の航

漱石のKの署名や秋微雨

ホームズは何処や霧の石畳 

蜻蛉の群るオリエントの終着駅 

湧きあがるオスマン軍鼓黄落へ

魔女たちの集ふ丘らし秋薔薇

実石榴やレジスタンスの墓ひとつ

冬の雷カインの裔の眠る村

山積みの軍帽売るや寒灯下

着膨れて犇く国境検問所

幾つめの国を過ぎるや木の実風


  

1975年より20年余り、実務では海外建築家との共慟、その他、文化財に関する各大学の共同研究などを含め、年に5回くらい、各国を歩いた。滞在期間もさまざまである。

私の海外詠としての姿勢は、日本で詠むときと変らない。ただ、出来るだけ絵葉書にならないよう心がけて、その折の気候、風土、宗教、慣習など、特に歴史や地霊は大切にした。なかでも東西ドイツに滞在前後を通じ、ベルリンの壁の崩壊、東欧の開放の時期にあたり、その衝撃は忘れられない。 ここに掲げた句は欧州が中心で、北米、カナダ、東南アジア、イスラム諸国などは割愛している。

今日では、世界の自由な往来、情報の同時性などで海外詠の概念も変わって来ているようである。その意味では、まだ、一部しか知らないが夏石番矢氏の世界俳句としての品格 、句集『地球巡礼』には、貴重な示唆があると思う。




0 コメント: