2009-01-11

〔週俳12月の俳句を読む〕相子智恵 その土の下には 

〔週俳12月の俳句を読む〕
相子智恵
その土の下には


月光が吐く釘拾いしはわれならん  大本義幸

月光の冷たさは、釘ほどの冷たさ。月光の銀色は、釘の銀色。
月光のイメージは、いつしか釘という実物に転化し、
その釘を拾ったのは私である。
月と釘と私の関係は、哀しくて独善的で美しい。
ひとつの美しい俳句。美しい孤独。

〈月光が釘ざらざらと吐き出しぬ 八田木枯(*)に和して〉

月光が吐き出す釘を詠む人、その釘を拾ったのは私だと詠む人。
応答セヨ、と言われたわけじゃないのに、
その孤独に立ち止まった別の孤独な人が、電波を受信する。
哀しくて愉しい、一回かぎりの交信。
響きあうことを許しあう、ふたつの美しい俳句。
この俳句たちが、心底うらやましい。

 

家とサンタ同サイズなる聖菓かな  生駒大祐
サンドイッチマンかつサンタ歩み来る

ここにいるサンタは、どれもサンタじゃない。
どうして、こんなしょうもない、
薄っぺらのサンタもどきを見てしまうのでしょう。
そして私はどうして、こういう俳句が好きなのでしょう。
そしてお父さん、どうしてうちにはサンタがこないのでしょう。

 

しわしわの鯨の耳骨冬木立  照井 翠

鯨にも、耳がある。そういえば、そうである。
気になるので調べてみた。
鯨の耳は単なる直径2mm程度の穴であり、
耳垢がつまっているらしい。骨伝導するらしい。

死んだ鯨の耳の骨は、大きいのだろうか。
しわしわのその耳の骨には、海よりも冬木が似合う。
地面には落葉が堆積していて、その土の下には、
鯨の耳の骨が化石となって累々と埋まっている、のかもしれない。
土の下のことは、知らないけど。
そこがかつて海だったのかも、知らないけど。

 

来てみれば座布団厚き冬の宿  上田信治

「来てみれば」というほどの、別段、客に期待も抱かせない宿。
ふかふかで、四隅の房も妙に立派な座布団は、
きっと見どころの少ない冬の宿の、絶景である。
絶景の温泉宿である。いや、温泉宿の絶景である。
12チャンネルの旅番組に出したい座布団である。



江渡華子 雪 女 10句 ≫読む
大本義幸 月光のかけら 10句 ≫読む
仁平 勝 合 鍵 10句 ≫読む
榮 猿丸 何処まで行く 10句 ≫読む
生駒大祐 聖 10句 ≫読む
照井 翠  夜 鷹 10句 ≫ 読む
鴇田智哉  人 参 10句 ≫ 読む
村田 篠 冬の壁 7句 ≫読む
上田信治 週 末 7句 ≫読む
さいばら天気 贋 札 7句 ≫読む 

0 コメント: