2009-02-22

〔今週の haiku mp:動画〕沢田研二

〔今週の haiku mp:動画〕
沢田研二 compilation and text by kobayashi tetsuya


去年の暮れに「人間60年 ジュリー祭り」という豪快なネーミングの下、東京ドームで行われた沢田研二のライブをダイジェストした番組をNHKで見て、何だか妙に感慨深いものを感じてしまいました。
彼は去年還暦を迎え、確かに年齢相応に体型も変わってはいたのですが、何と言えばいいのか、シンガー・パフォーマーとしてのジュリーはやはりジュリー以外の何者でもありませんでした。バックバンドのギタリストに元ルースターズの下山淳がいたことも感慨を増幅した理由のひとつのように思います。
ということで、その感慨を胸に今回は「プチ・ジュリー祭り」です。


今週のラインナップ

1) カサブランカ・ダンディ 日曜月曜(予定)

いやしかし迷いますね、アップしたいものが多すぎて。まずは、誰もが知っているという意味では代表曲のひとつと言ってもいいであろうこの曲を。紅白歌合戦から。ナレーションが何ですが、まぁ。


2) おまえがパラダイス 火曜水曜(予定)

GS的というか、バンドサウンドの時代ですね。結構好きなんです、この頃の曲って。「おまえにチェックイン」とかも。エキゾチックスとかいったかな、バックバンド。


3)
時の過ぎゆくままに 木曜金曜(予定)

ジュリーといえばこれは外せません。名曲と言ってしまいましょう。
ちなみにあの伝説のTVドラマ「悪魔のようなあいつ」(私はなぜか見た記憶がありません)の中で歌われた同曲もアップされていますので、気になる方はどうぞ(http://www.youtube.com/watch?v=1kkRsrKhb7o)。


4) ジュリー・SPアンコール《君をのせて》 土曜(予定


ソロデビュー曲。
個人的にはジュリーの曲で最も好きな曲かもしれません。作曲が宮川泰、作詞が岩谷時子という、ジュリーの楽曲の作家としては珍しい人選ですが、S&Gの「明日に架ける橋」を思わせる詞のコンセプトといい、メロディーのおおらかさといい、他のジュリーの持ち歌にはない魅力があるように思います。で、このアカペラヴァージョンもいいんですが、実は、採用したかったのは(http://www.youtube.com/watch?v=kuuoxoqHhME)のほうだったんです。が、これが「リクエストによる埋め込み無効」になっておりまして、やむなくこちらを。でもアカペラのこちらはこちらなりに味わい深いものが。



0 コメント: