2009-05-03

星野高士 鳥の巣



週刊俳句第106号 2009-5-3 星野高士 鳥の巣
クリックすると大きくなります
テキストはこちら
週刊俳句のトップページに戻る

2 コメント:

川崎益太郎 さんのコメント...

星野高士様、昨年は宮島でお世話になりました。俳句日和面白かったです。特に鳥の巣の句の推薦の弁は素敵でした。
この10句も素敵です。「鳥の巣」の句が特に好きです。
わたくしも触発されて、一句。

 鳥の巣に第二の人生見つけたり  益太郎

またどこかでご一緒できることをお待ちいたしております。

民也 さんのコメント...

家のすぐ近くに、鴉が寝床にしている小さな山の森があるので、一度は「鴉の巣」の季題を詠んでみたいと、巣のありそうな木を見上げてみるのですが、なかなか巣を見つけることができません。日の出前からあたりをつけ、鴉の生態を日没まで観察しないと、そうやすやすとは見つけられないものなのでしょうね。鴉のヒナを、一度は見てみたいものです。


星野高志さんのお名前は、幻冬舎ルネッサンス発行の松永みよこ・作、句集『抱く』の寄せ書き文にてお目にしておりました。しかし、貴殿の句を纏まって拝見するのは初めてでしたので、しばし楽しませて頂きました。