2009-05-03

下村志津子 メトロ


週刊俳句第106号 2009-5-3 下村志津子 メトロ
クリックすると大きくなります
テキストはこちら
週刊俳句のトップページに戻る

1 コメント:

民也 さんのコメント...

ちょっと遠出の野遊びに出掛けて、子供の頃、父親といっしょにピクニックで遊んだこと、キャンプしたこと、山登りしたことなどを、追憶しているんでしょうか。

女性が、父親を大好きになる場合と、顔も見たくなくなるほど大嫌いになる場合の境界線は、どの辺りにあるのでしょうね。

さて、下村志津子さんの場合は、どちらの「父」なのでしょうか。読者のあなたは?