2009-07-26

主宰代表近詠集 2009.7

主宰代表近詠集(2009.7)


誌名をクリックすると、各誌サイト近詠に移動します。


小川軽舟「鷹」

後藤比奈夫「諷詠」

三村純也「山茶花」

本井英「夏潮」

鷹羽狩行「狩」(pdf)

髙野ムツオ「小熊座」





花の雨濡れていずれも不老不死 髙野ムツオ(「小熊座」2009.7)

「花」に生老病死は近いっちゃ近いですが、この「不老不死」は、一座をもろともにパライソへ連れて行っていまいそうで、とてもクール。


「明王(みやうわう)!」と孔雀啼きける暮春かな 小川軽舟(「鷹」2009.7)

「明王」のルビが「みやうわう」となるのが、字音仮名遣いというものですが、孔雀は、きっと、ミャウワウ(myauwau)と啼いたのではないか、とも思わせるところが、面白い。


明るさのこれ以上なき竹の秋 鷹羽狩行(「狩」2009.7)

単純化の極。「竹の秋」という季語のかっこいいところは、その言葉が、光あまねき「全空間」を指していることなのだった。

(上田信治)

0 コメント: