2010-01-31

〔新撰21の一句〕越智友亮の一句 小川楓子

〔新撰21の一句〕越智友亮の一句
若者のリアル……小川楓子 


ひまわりや腕にギブスがあって邪魔  越智友亮

100句の巻頭に置かれた掲出句は、詩的ことばを排して作られた句だ。他にもそう感じられる句がいくつか収録されている。俳句的にうまい句からはこぼれてしまった何かが、これらの句にはあるように思えてならない。

さて、掲出句であるが「ギブスがあって邪魔」という作者の生の感情がストレートに表現されている。ギブスを付けることで、腕の存在・感覚に改めて気づいたような心の動きも感じさせる。背景には、ひまわりが咲いているが主体の気持ちにはほとんど影響していない。あくまで背景が明るいだけだ。若い肉体の背景として。

掲出句も含め越智友亮の句は、淡い他者とのかかわりと自らの身体感覚、ハレとケの区別が曖昧になったフラットな日常、そういった若者のリアルを掬い取ってくる。実際の自分より俳句の主体の方が大人になり過ぎていないか、俳句的世界に押し込めた句作をし過ぎていないか、自らの句作についてふと振り返りたくなった。等身大で、主体の生の声を感じるしたたかで伸びやかな越智友亮の俳句にこれから注目したい。




邑書林ホームページでも購入可能。

0 コメント: