2010-01-31

〔新撰21の一句〕田中亜美の一句 しなだしん

〔新撰21の一句〕田中亜美の一句
物質的エロティシズム……しなだしん


はつなつの櫂と思ひし腕かな  田中亜美

田中亜美の俳句は、ストイックで、静謐さ、いやつめたさを極めている。
思考の破綻とも言えるような田中の言葉とその配合は、どこか痛々しくもあり、妖しくそして美しい。

同書巻末の対談で高山れおなが指摘する通り、田中の作品はエロティックといえるが、私には肉感ではない、物質的なエロティシズムであるように感じられる。

田中の俳句にはしばしば「わたくし」ということばが登場する。
田中が俳句に詠み込んだ言葉、それは物質の名称と捉えた方が適切な気がするのだが、その言葉のすべては「わたくし」即ち作者の肉体を通過して、そこに配置されたかのように田中の俳句は構成され、成り立っている。
物質の哀れさを掬いとるようであり、「わたくし」自体も他の物質と並列に扱おうとしているような、田中の独自の世界感がある。

掲出句は100句の冒頭に置かれた句。
私はこの句の清楚さがすきである。

この句に出会ったのはいつのことだったか。もう5、6年も前になるだろうか。その頃、共にしていた句会の出句で、高点であり、私もいただいた記憶がある。
冒頭の「つめたさ」はこの句ではやや控えめだが、「はつなつ」の「腕」は物質的であり、エロティックでもある。





邑書林ホームページでも購入可能。

0 コメント: