2010-03-28

10句作品テキスト  小久保佳世子 雛のごとく

雛のごとく   小久保佳世子
    
芽吹山から観音の顔白し

啓蟄の眼鏡ケースに布一枚

捨て置きの小舟に雛のごとく乗る

救急車のサイレン雛の流れゆく

桃の日の頬杖に顔乗つてをり

朧夜のレールは脚を開きゆく

道化師の面や春夜のトランクに

限界のきてゐる笑顔チューリップ

本当の春雪止まぬ石舞台

人形に軟膏塗る子鳥曇り

0 コメント: