2010-10-31

テキスト版 2010落選展 生駒大祐 湯のやうな

 湯のやうな  生駒大祐

よこざまに吹かれてしだれざくらかな
ジャングルジムすり抜け桜蘂の降る
睡眠に汀ありけりねぢあやめ
若芝に柱の上の丸時計
桜の葉はりつき合つて雨晴れたり
約束の草餅共に買ひにゆかん
お屋敷はしろつめくさのしろに耐へ
傷心や凭れば開きて躑躅の戸
空豆の皮厚くなほ皿を透く
掌をあてて鉄の冷えもつ夜の新樹
夏闇を手もて浚へば河匂ふ
梅酒瓶仕舞ふと案の定嵩張る
筒鳥が沖を向きゐる硯かな
涼しさの朝も半ばの鳥の餌
あめんぼの脚と水面の隙間かな
昼過ぎの網戸の傍は安らかで
ハンモック揺れ止むまへに寝入りたる
シャワー終へ一穴より水垂れ続く
炎天の象を象舎へ押し収む
湯のやうな夕立がまづ二の腕に
プールサイドの足首の鍵の鳴る
薔薇映し鏡は休むこと知らず
入れ換へて白鷺の脚滴りぬ
密談や鉄砲百合の花粉の黄
西瓜食ひあけぼの色の皮残る
髪濡れてゐて秋晴の街をゆく
もやもやと鶏頭が磨硝子ごし
ラジオ投げ込まれ麦藁帽の秋
ティーバッグ糸に茶の染む秋思かな
新米の研ぎ汁がたくさん出来る
傍らにとほくの人や茸飯
束の間の萩の盛りや明るき夜
戸惑ふや秋果売る灯の明るさに
望月に飴噛む音の大きくて
梨剥けり悪しき電話を鳴るに任せ
ドライブイン月かたむくに音もなし
友来るや新酒は杯を満たしなほ
秋風や頭の薄きに鳥打帽
お茶つ葉のためらひひらき立冬か
山茶花や小川跨ぎてバスとまる
洗ひ場に斜めに置かれたる牛蒡
歌声に拍手薄らぐ冬ぬくし
書初に人争へる史実かな
声のある家をのぞけば枯芙蓉
踊り場に長く話せる氷柱かな
教会の出窓の桟の十字に雪
惜別やマスク外すに唇濡れて
着膨れて痩身早口に喋る
小説や障子にわれの影うつろふ
水仙に水少し足し眠りけり

3 コメント:

ほうじちゃ さんのコメント...

「書初に」の句が面白いです。

今後は、「報告」をどうやって越えるかが課題。秘められた力を感じます。

上田信治 さんのコメント...

〈梅酒瓶仕舞ふと案の定嵩張る〉この人は、ことし初めて梅酒を漬けてみたんですね。〈もやもやと鶏頭が磨硝子ごし〉〈新米の研ぎ汁がたくさん出来る〉〈洗ひ場に斜めに置かれたる牛蒡〉ほうじちゃさんは「報告」と言いますが、平常心でなければ伝えられない不思議というものがあります。個人的には、他人と思えませんw 

〈桜の葉はりつき合つて雨晴れたり〉〈筒鳥が沖を向きゐる硯かな〉〈涼しさの朝も半ばの鳥の餌〉〈西瓜食ひあけぼの色の皮残る〉〈ティーバッグ糸に茶の染む秋思かな〉〈水仙に水少し足し眠りけり〉清潔な抒情。〈あけぼの色の〉の「薄さ」が清潔なんだと思う。でもちょっと、この言い方だと皮全体が赤いみたいか。〈筒鳥が〉は、へんな句。作者、筒状の鳥のことでも思ってそう。

中嶋憲武 さんのコメント...

プールサイドの足首の鍵の鳴る

「今日、バイトだったんすよ」
「それで気怠そうなんだ。疲れてんだったら家帰って寝れば」
「暑いし。俺、泳ぐの好きなんで」
午前中のバイトを終えて学校のプールへ来た。カメイ先輩がいた。カメイ先輩は小柄で、俺より20センチほど背が低い。早口でリスのように話しかけてきた。
「いま、あそこ泳いでんの、美術教師のマツオじゃね」
「本当っすね」
「泳いで鍛えてんのかな」
美術教師のマツオはひよろひょろとして、色白の優男だ。いつも難しい顔をしている。マツオは平泳ぎで行ったり来たりしていたが、反対側のプールサイドへ近づいて行き、手をかけると一気に上がった。肩甲骨がもりもりと盛り上がり、完全な逆三角形の肉体だった。
「あいつ、すげ」
「着やせして見えてんすね。ふだん」
「ホワイトマッスルマツオ」と、カメイ先輩が歌うように言ったのがおかしくて、俺はのけぞった。足首に付けているロッカーの鍵が、チャリ…と音を立てた。