2012-04-22

新刊案内

新刊案内 hi→ vol.7 



2012年4月、hi→の最新号(vol.7)ができあがりました。
















春号の吟行は葛西臨海公園まで足を伸ばしました。
臨海とは、うみにのぞむということです。
砂浜のうえを飛びたつ千鳥、空の遠くに浮かぶ凧をながめながら、定まらない視点を感じていました。
潮風に吹かれ吹かれていたせいかもしれません。
春の霞の前ぶれだったのかもしれません。

カレンダーアートワークの絵を寄せてくださったのは、三宅瑠人さん。
鳥の尾羽、変わった形をした小石、模様のある卵の殻。
全てが宝ものだった頃を思いだします。
さんぽするのは、決まって春うららかな昼下がりだったような。

――「起きているのはわたしだけ。」とジェインはいって、たいへん楽しくなりました。「こうやって、ひとりだけで横になってると、いろんな考えごとができるわ。」そしてジェインは、両ひざをあごのところまでひきよせると、巣にこもるように、寝台のなかでからだをまるくしました。「さあ、わたしは鳥よ!」とジェインはひとりごとをいいました。「ちょうど、かわいい白い卵を七つ産んだところ。羽根でかこってあたためてかえすの。クックッ!クックッ!」
『帰ってきたメアリー・ポピンズ』「わるい水曜日」より引用


『hi→』取り扱い店舗一覧はこちらをご覧下さい。

また、定期購読、通信販売も承っております。
上記リンクより詳細をご覧下さい。

よろしくお願いいたします。



0 コメント: