2013-10-13

10句作品テキスト 西原天気 灰から灰へ

  灰から灰へ  西原天気

日傾くときの日影と日陰かな

月ごとに満月のあり今宵はも

近恵氏現代俳句新人賞受賞に寄す
近恵が虫と言つたらそれはもう

松岡修造氏に
瀧口のはうの修造的きのこ

せきしろ又吉直樹両氏に
牡蠣フライが無いなら無いと言ひ給へ

二〇一三年十月十二日谷雄介氏らの二十四時間俳句マラソン開始に寄す
日にいちど正午は来たり南多摩

西瓜はなぜ永世中立国なのか

俳句を書く砂に水撒くやうに書く

ともだちが帰つてこない冷蔵庫

風一片灰から灰へのりうつる

0 コメント: