2014-06-01

自由律俳句を読む45 喜谷六花〔1〕 馬場古戸暢

自由律俳句を読む45
喜谷六花〔1〕

馬場古戸暢

喜谷六花(きたにりっか、1877-1968)は、曹洞宗の僧侶でもあった。ホトトギス主催の蕪村忌に出席して碧梧桐と出会って以降、碧梧桐に師事し、『海紅』において活躍した。なお一碧楼没後には、選者を担当するに至っている。以下『自由律俳句作品史』(永田書房、1979)より、数句を選んで鑑賞したい。

女白い腕を見する菜種が青くなつた  喜谷六花

女の白さと菜種の青さの対比が美しい生活詠。きわめて男らしい句だと思う。

鮟鱇の煮え隣の男の肘がさはる  同

食堂や会食でのひとこまか。現代でも詠まれそうな、味のある句。鮟鱇を食べてみたくなった。

からたちの花吾が日々の行持にちにち  同

次の句と同様、僧侶らしい一句。六花のお寺の境内には、からたちが生えていたのだろう。熱心な様子が伝わってくる。

礼仏子に怠らせず春の朝々  同

曹洞宗の僧侶であった六花らしい句。若干説明が冗長な気もするが、お寺にあってはこれが日常の景なのだろう。ゆっくりとした時間が流れて行く。

0 コメント: