2014-09-14

自由律俳句を読む 60 そねだゆ〔2〕 馬場古戸暢

自由律俳句を読む 60  
そねだゆ〔2〕

馬場古戸暢


前回に引き続き、そねだゆ句を鑑賞する。

話し込んでる足が子供のジャングル  そねだゆ

乳幼児の母親たちが井戸端会議を楽しんでいるところを、足元に着目してよく詠んだ。いつの時代も、大きくは変わらない景かもしれない。

朝からの雪の酒になる  同

雪が非日常であるところで得られた句ではないか。酒を注ぐ音だけがきこえてくる。

切符なくした手が忙しい  同

suicaを手に入れるまで、私は毎回のようにこの句のような状態に陥り、この句を思い出していた。二回ほど実際になくしていた経験もあるので、suica様様である。

おなかの音に顔を見合す  同

食事前の、ほほえましい一コマ。犯人は俺かお前か俺とお前か。

言いかけた口にお茶を含む  同

会話の途中で発言のタイミングを逸した際には、こうした口にお茶を含むほかない。あるいは、自分の意思で、意見をそのまま飲み込んでしまったのか。とすれば、大人な戦略である。



0 コメント: