2014-11-02

落選展2014_15 室の花 津野利行 _テキスト

15 室の花 津野利行

面倒な奴で結構磯巾着
腹癒せに望み通りの春ショール
雛納覚える気なき男親
花冷やトロンボーンの音震へ
花疲れはぐれたままにネオン街
平坦な道などなくて芝桜
人と会ひまた人と会ふ花水木
よちよちと躑躅の中へ倒れ込む
絶望の崖つぷちから亀の鳴く
外面のよき玄関のシクラメン
波風を立てずに蜂は去るつもり
春愁や関西弁と関東弁
まだ大人にはなり切れぬ若葉かな
釜茹でにされし筍生き返る
薔薇一輪咲かせて雨の光りけり
目に青葉電源を切るタブレット
一線を越えて部屋まで来る蠅
蚊を討つは一国一城の主
そんな顔してそんな簡単服で
ナイターに今来てますと電話かな
もう序列あり六月の一年生
夏掛は妻を小さく包みけり
いたずらが好きなおやじの水遊び
孫のゐるにはまだ若きサングラス
大学は辞めたと笑ふ生ビール
目移りの結果結局あんみつに
何もなき父の形見や心太
PTA会長の夏負けと見え
祖父の背の傷痕を知る夏休
弟をおもちやにしては兜虫
無理させる一時帰宅や本祭
母の死を待つかのやうに秋に入る
知らぬ顔知らぬ仏や施餓鬼寺
身に入むやラッコは腹の貝を割る
新婚の一組交じる芋煮会
敗荷や皆疲れたるサラリーマン
手付かずの人参がまだ皿にある
マスクなら妻に言はれてからにする
クリスマスケーキ一口癌病棟
父母の分まで生きて古暦
母の古日記どつかと読みふける
母の死のことには触れず晦日蕎麦
麻雀のルールを賀詞に続けをり
どうせなら百まで生きて初写真
子の遠出許した隙の姫はじめ
親の手を借りて立派な雪だるま
人日や雀にこぼす米の粒
初仕事昼には顔の揃ひたる
理由なら聞くまでもなく雪だらう
室咲は枯れぬ気でゐたかもしれぬ

2 コメント:

四羽 さんのコメント...

面倒な奴で結構磯巾着
けっこうけっこう、生きることの面倒を避けようとしてもどこかにしわ寄せがいく。がっしり岩に食らいついてこそのこともある。

弟をおもちやにしては兜虫
子どもの無邪気さと残酷さが、入れ子上に重ねられる。兜虫は黙ってたたかう。

人日や雀にこぼす米の粒
正月はなんやかやで人が集まり、どこもそれなりに賑やかだ。あいさつと饒舌に疲れたとき、言葉のない関係に安らぐこともある。

ささやかな境涯を季語、とくに動物に託すところに味わいがある。

津野 利行 さんのコメント...

四羽さん、コメントありがとうございました。励みになります。