2016-02-14

10句作品テキスト 篠塚雅世 水草生ふ

 水草生ふ  篠塚雅世

招き猫染め抜かれあり小正月
飾焚く重さ持たざるものとなり
人形の家に人形ペチカ燃ゆ
牡丹の辺りの乾き寒土用
寺なくて塔の残れる氷かな
セーターに恋の話をしてをりぬ
鴨鳴けりこの世に白をとどめむと
福豆を打つや遠くへ近くへと
雪洞の生絹のくすみ水草生ふ
山に添ひ人の歩める遅日かな


0 コメント: