2017-08-20

10句作品 殴らねど 山口優夢

殴らねど 山口優夢

夏痩せの妻と喧嘩や殴らねど
妻は思ひ出し怒るみんみん蟬のごと
皮肉も自嘲も泣き声に負け冷酒酌む
短夜を妻の嘆きや座り込み
別れるの死ぬのと母も昔の夏
父母のごと我等も泣けり百日紅
言ひ負かしたのではなく見限られたのかも、夜
盆の寺出て霧雨が手に頬に
妻から指をつないで帰る墓参かな
おしろいや終はつても済んでない喧嘩


0 コメント: