2007-08-26

後記+プロフィール 018

後記
さいきん、原稿が、ときどき0時に間に合わない『週刊俳句』です。

読者のみなさま、ご寄稿のみなさまの御寛容に甘えて、なんとかつじつまを合わせている状態ですが、「〆切は、ゴムのように伸び、ゴムのように、とつぜん、切れる」とは、マンガの世界で、よく言われる戯れ言。

どうか、みなさま、お見捨てなきよう、伏してお願い。
(今週は、私が悪い。天気さんすいません)

でも上がってしまえば、今週も、俳句よし、記事よし、です。

多謝&平伏。

では、また、日曜日にお会いしましょう。

(上田信治 記)


no.018/2007-8-26 profile
■津田このみ つだ・このみ1968年大阪生まれ。長野県松本市在住。「船団」「里」会員。句集「月ひとしずく」。

■谷口智行 たにぐち・ともゆき1958年 京都生まれ。三重県在住。「運河」「湖心」「里」所属。俳人協会会員。句集「藁嬶」(2004年)、「媚薬」(2007年)。

■佐藤文香 さとう・あやか1985年生まれ。「ハイクマシーン」「里」所属。高校1、2年で俳句甲子園に出場。第四回団体優勝、第五回団体準優勝・個人最優秀賞を果たす。第二回芝不器男俳句新人賞対馬康子審査員奨励賞受賞。http://www.geocities.jp/aya6063/

小野裕三 おの・ゆうぞう
1968年、大分県生まれ。神奈川県在住。「海程」所属、「豆の木」同人。第22回(2002年度)現代俳句協会評論賞、現代俳句協会新人賞佳作、新潮新人賞(評論部門)最終候補など。句集に『メキシコ料理店』(角川書店)、共著に『現代の俳人101』(金子兜太編・新書館)。
サイト「ono-deluxe」http://www.kanshin.com/user/42087

■中嶋憲武 なかじま・のりたけ
1960年生まれ。「炎環」「豆の木」。1998年炎環新人賞。99年炎環同人。03年炎環退会。04年炎環入会。来年、二回目の同人。

五十嵐秀彦 いがらし・ひでひこ
昭和31年生れ。札幌市在住。現代俳句協会会員、「藍生」会員、「雪華」同人、迅雷句会世話人。第23回(平成15年度)現代俳句評論賞。
サイト「無門」 http://homepage2.nifty.com/jinrai/

■遠藤 治 えんどう・おさむ
俳号四童(よんどう)。1958年生まれ。1994年より作句開始。「恒信風」同人。
ブログ「四童珈琲店」 http://navy.ap.teacup.com/yondoblog/

さいばら天気 さいばら・てんき
播磨国生まれ。1997年「月天」句会で俳句を始める。句集に人名句集『チャーリーさん』(私家版2005年)。ブログ「俳句的日常」 http://tenki00.exblog.jp/

■上田信治 うえだ・しんじ 
「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。ブログ「胃のかたち」 http://uedas.blog38.fc2.com/


1 コメント:

民也 さんのコメント...

  秋の声 by民也
秋の暮頭の上を群雀

蜩や次々太鼓置く舞台

枹持てば静かな構へ盆祭

虫の声に加はりませう鳴り太鼓

撥ね違ふ枹の旋律涼新た

秋星や鉦凛として一本気

和太鼓の腹を吹き出る野分かな

淀みなき枹の揺さぶる秋の土

人の手の生む地響きや秋の声

打ち止めば顔に浮く笑み秋の宵