2007-10-14

後記+プロフィール 025

後記

ありがたいことに、『週刊俳句』について、いろいろご意見を頂戴します。

もっと、こうしたほうがいいんじゃないの。最近、ちょっとこうなんじゃないの。

そういうとき、私たちは「あ、ぜひ、そういう原稿をご寄稿ください」と、お願いしてしまいます。それは洒落た切り返しなどではなく、本気で。

とりあえず場所だけ作って、あとはちょっと掃除くらいはしておきますので、どうか来て、遊んでいってください。

『週刊俳句』は、広く、みなさまのご投稿をお待ちしております。投稿の要領などについては、FAQを、ごらんください。

それでは、また、来週の日曜日にお目にかかりましょう。

(上田信治・記)



no.025/2007-10-14 profile



大畑 等 おおはた・ひとし
1950年和歌山県新宮市生まれ。船橋市在住。1992年「麦」新人賞受賞、2000年「麦」作家賞受賞。「第21回(2001年度)現代俳句評論賞」受賞。2001年、現代俳句協会編『現代俳句歳時記』(2004年刊)の改訂・編集に参画。2006年より同協会『昭和俳句年表』編集に参画。現在、「遊牧」同人、「西北の森」会員。著作:私家版句集『むぎ懲役』、『おおいとⅡ(共著)』。サイト「俳かぐら」 http://www.hat.hi-ho.ne.jp/hatabow/

五十嵐秀彦 いがらし・ひでひこ 
1956年生れ。札幌市在住。現代俳句協会会員、「藍生」会員、「雪華」同人、迅雷句会世話人。第23回(平成15年度)現代俳句評論賞。サイト「無門」http://homepage2.nifty.com/jinrai/

松本てふこ まつもと・てふこ
1981年生まれ。2000年、早稲田大学第一文学部入学直後に早大俳句研究会に入会、作句開始。2004年、俳句結社「童子」に入会。同年「新童賞」受賞。

榮 猿丸 さかえ・さるまる
1968年東京生まれ。さいたま市在住。「澤」同人、編集委員。2004年澤新人賞。
サイト「澤俳句会」http://www.sawahaiku.com/

小林鮎美 こばやし・あゆみ
1986年群馬県北部山沿い生まれ。今年度法政句会幹事。

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。
ブログ「胃のかたち」 http://uedas.blog38.fc2.com/





2 コメント:

民也 さんのコメント...

 鳩小屋の掟 父の場合 by民也

桃添へる生まれし時より軽き骨

捜せども見つからぬもの秋の声

妻と見るノート教科書身に入むる

校庭のこうもうつろにひろく秋

新盆や何もせず何も話さず

身体だけ業務をこなす思草

初風や二枚に満たぬ御報告

炎吹き融けぬ氷塊てふ秋思

夜寒さに置かれたる靴朝のまま

秋灯笑ひ声はテレビから

民也 さんのコメント...

 おやじ漫談秋の巻 by民也

竜淵に潜むマンション買うたにも

秋風のさらふがままや捨て馬券

なんなのさ空気読めつて月方面

言ひなりの息子のパンツ花野かな

秋葉原 山手線の終着駅

聞け息子V3まではたはただ

レッドスネーク蚯蚓の穴と知らず泣く

紅葉の髪の伸びゆく古写真