2007-12-16

第34号 2007-12-16 10句作品 テキスト

 page   笠井亞子



すさまじき背中向けたる広辞苑

七五三落丁もあり乱丁も

文中の喧嘩の果ててより時雨

枯庭や栞の分けるきのふけふ

一葉忌句点ほろりとぶらさがる

古本に裾野がありて寒の猫

行間を出て帰らぬ鴨となり

襟巻や誤読のやうに夜が来て

真夜中の頁を渡る兎かな

図書館の暗さに似たる冬と思ふ





 幻魚   相子智恵


地に雪嶺生れ雪嶺に雲うまれ

連山は雪積みてこそ空に鳥

枯野なり鈴結はへたる乳母車

勢ひの落葉の中を人消えぬ

冬の日や額縁ばかり大きな絵

鶏の餌を撒きてむせたる冬日かな

短日の鳩寄り来るや何も遣れず

ひよろひよろと幻魚干されぬ雪催

深海に幻魚どろりとクリスマス

富士壺の口寒月の照らしをり

0 コメント: