2007-12-23

中原徳子 朱欒ざぼん


フィリップ・ジャンティ・カンパニー『世界の涯て』に寄す



クリックすると大きくなります
週刊俳句第35号2007-12-23 中原徳子 朱欒ざぼん
テキストはこちら
週刊俳句のトップページに戻る

1 コメント:

とき さんのコメント...

白鳥よ種も仕掛もある夢よ
これはつまらないけれど、
極月の鋏と化せる下半身
これはとっても、とっても面白い!

マフラーや世界はかくもやはらかく
世界のどこかでいつもいざこざが絶えないけれど
心が優しくなってゆくような調べが魅力!