2007-12-09

冨田拓也 冬の日











クリックすると大きくなります
週刊俳句第33号2007-12-9 冨田拓也 冬の日
テキストはこちら
週刊俳句のトップページに戻る

1 コメント:

とき さんのコメント...

一千年前の詩を読む霜夜かな
いつかこの言葉も消えて夜の雪
静かさに惹かれました