2008-09-07

〔今週の haiku mp:動画〕三月の水 lugar comum

〔今週の haiku mp:動画〕
三 月 の 水 compilation and text by lugar comum



地球の裏側ブラジルでは、初秋にあたる3月上旬は、雨季。らしい。カーニバルの喧騒が嘘だったかのように人気のない街に、静かに雨が降り注ぎます。行く夏を惜しむ、アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)「三月の水(Aguas de marco)」特集です。


今週のラインナップ

1) Art Garfunkel - Waters of March :こんなカバーが。声質の相性良し。スチル編集がんばってます。〔日曜月曜・予定〕

2) Pecombo - Aguas de marco :邦人によるスキャット・カバー。〔火曜・予定〕

3) Sofia - Waters of March :あちこちに飛び火したボサノバですが、フィリピンのレベルが高い、この演奏。〔水曜木曜・予定〕

4) Elis Regina e Tom Jobim - Aguas de Marco :締めは、最も有名なデュエットバージョン。奇跡的映像ですね。〔金曜土曜・予定〕

5 コメント:

玉簾 さんのコメント...

「三月の水」はボサノヴァでは一番好きな曲かもしれない。特に詩が好きです。
日本語の歌詞も作って歌ってみたけれど、やっぱり触らないでこのままがいい。

tenki さんのコメント...

金土のElis ReginaとTom Jobimのデュエットをお楽しみに。

きっと腰ぬかしますよ(笑

tenki さんのコメント...

「三月の水」の訳詞がこちらに。
http://blogs.dion.ne.jp/naoki/archives/1855061.html

(lugar comum さんからの情報)

とてもボサノヴァっぽい訳です。

玉簾 さんのコメント...

そういえば以前こんな日記を上げました。
いろんな和訳があって面白いです。
---------------------------------

2005年03月10日12:09 mixiの日記より。

三月の水/ボサノヴァの詩

一雨ごとに緑が濃くなる。
リオのカルナヴァルが終わるとブラジルは雨期になる。
雨は洪水になって、カルナヴァルの狂気も家も
どんどん押し流す。
だからブラジルの三月は泥の中で家を建てる月なんだって。

「三月の水」という曲が好きだ。
一度ライヴで歌った。
ボサノヴァの歌詞はとても上質である。
Jobimはとてもいい。

三月の水
Antonio Carlos Jobim
 
棒切れ、石、道のつきあたり
切り株に腰をおろして
ちょっとばかり淋しくて
硝子の欠片、生と太陽
夜、それは死
針と、糸

野原のペローパ樹、玉結びのある枝
優雅なカインガー、梨の木マチッタ
風の木、土手のとんぼがえり
底知れない謎、望もうが、望むまいが
追い風が、暖炉を吹き消し
桁から窓へ、梁のお祭り

雨が雨降り、流れるお喋り
三月の雨が、疲れを洗い流していく
足だ、地面だ、健脚のお通りだ
手には小鳥を、パチンコの小石で
鳥りが舞う、鳥が落ちる
小川が、泉が、パンの欠片に
井戸の深みで、道はおしまい

顔をしかめて、ちょっとばかり淋しくて
刺や釘や、南京玉やお伽話
魚の仕事が、銀色に光る
朝日と共に、レンガが運ばれ
薪がくべられ、蚊の攻撃はおしまい
カシャッサの瓶が、街道ばたで砕けてる
家の設計図、寝床で体を休め
ぬかるみの真ん中で故障した車
泥の中の一歩、橋だ、蛙だ、がま蛙だ
朝日に映る森
夏の終わりを告げる三月の雨
君の心に宿る、人生への誓い
棒切れにも似た蛇が、
ジョアンをジョセーを、
手のひらの刺、足の裏の傷

夏の終わりを告げる三月の雨

君の心に宿る、人生への誓い


棒切れ、
石、
道のつきあたり
切り株に腰をおろして
ちょっとばかり淋しくて
また一歩、橋だ、蛙だ、がま蛙だ
美しい地平、隔日熱

『ELIS & TOM』の歌詞カードの日本語訳より
ムダンテンサイす

-----------------
以上。

三月の水は何年経っても変わらず大好きな曲です。
私は今日から泥の中を台風の片付けです(笑

tenki さんのコメント...

ああ! いい感じ。

>棒切れ、石、道のつきあたり
>切り株に腰をおろして
>ちょっとばかり淋しくて
>硝子の欠片、生と太陽
>夜、それは死
>針と、糸

多謝多謝。