2008-12-14

〔週俳11月の俳句を読む〕興梠 隆

〔週俳11月の俳句を読む〕
興梠 隆



滑空の鳩黄落のはじまりぬ 長嶺千晶

鳩の滑降、その動きを1文字であらわすと、
たとえば“∪”とか“し”とか、こんな感じ?
黄落は、“↓”とか“|”とか
ふたつを組み合わせると、“Y”の一字
ああ、これは確かに、いちょうの葉っぱのかたち
そして、黄色(yellow)の頭文字の“Y”


血統のかなしさのあり馬肥ゆる 長嶺千晶

なぜ血統がかなしいかって?
サラブレッドじゃなきゃ種馬には、なれないんだぜ。
でも種馬とよばれる人(馬?)生



小野裕三 医大方面 10句 ≫読む
長嶺千晶 大きな月 10句 ≫読む
中山宙虫  ゆらぎ 10句  ≫読む
八田木枯 夜の底ひに 10句  読む
寺澤一雄 行 雁 アメリカ雑詠 10句  読む
中西夕紀 夢 10句  ≫読む
冨田拓也 冬の貌 10句  ≫読む
谷さやん 献 花 10句  ≫読む
斉田 仁 なんだかんだ 10句  ≫読む
大石雄鬼 狐来る 10句  ≫読む

0 コメント: