2009-02-22

林田紀音夫全句集拾読 057 野口裕


林田紀音夫
全句集拾読
057





野口 裕





ぶらんこの天へ出て行く音しきり

昭和六十年、「海程」発表句。句意は、わかりやすい。わかりやすいがゆえに、どうしても既視感は伴う。だが、ぶらんこを漕ぐ主体とはならずに、外部からの観察で一句をなす点は、紀音夫ならではの着想だろう。眼は地上に据えられたまま、聴覚のみが天翔ける音を聞いている。


帆船の軋みを胸の晩節か

縄とびの暮れ切るまでの声透る


昭和六十年、「海程」発表句。昭和二十年代の経験に根ざしている二句。前句は胸を病んだ体験を、後句は道端の子供の遊びを回想している。後句は、「縄とびの寒暮傷みし馬車通る 佐藤鬼房」を踏まえているだろう。「通る→透る」などの遊びも考え合わせると、句会での挨拶句か。

 

サーカスの青ぞら冬の空となる

指貫きに灯のさびしさの何時よりか

経木より薄くはかない日の終わり

いちにちの終りまた来てさくら降る

風の濃いいちにちさくら花終わり

昭和六十年、「海程」発表句。紀音夫の得意とする、とりとめのない叙法は凡作も生みやすい。二百十六頁上段十四句のうち、凡作と思えるものを拾い出してみた。一句一句を詳細に読めば見どころもあるが、どうしても感傷過多になっている点は否めない。こうした副作用は作者も自覚しているところではあっただろう。


胸の手のいつにはじまる明るい午睡

蝉の樹に夕ぐれのまた遠くより

咳出でて夜のくぼみにひらたく寝る

昭和六十年、「海程」発表句の最終三句。副作用を自覚しつつ書いて行かなければ、この三句は出てこないだろう。海にうねりを起こすように、風を吹き続けないと波は生まれない。生まれた波には谷もあり、山もある。




0 コメント: