2009-02-01

4コマ漫画「狩人の浅き眠りに真向かひぬ」 絵=石原ユキオ×句=佐藤文香

1 コメント:

獅子鮟鱇 さんのコメント...

    七絶・賞四框漫画題“雪兎正対面猟師微睡”写七言四句

  猟人案句坐秋天,  猟人 句を案じて秋天に坐し
  久守残株微睡間。  久しく残株(=切り株)を守る微睡の間
  雪兎看他自憐憫,  雪兎 それを見るに自ずから憐み
  借出毛毯耐厳寒。  毛毯(=毛布)の厳寒に耐へるを借出(=貸)す
           (中華新韻 八寒の押韻)

 石原ユキオ様:こんばんは。獅子鮟鱇です。貴ブログも拝見しています。
 佐藤文香様:初めまして。玉句では「真向かひぬ」が生きていますが、「正対面」と訳すのではいささか心もとなく申し訳なく・・・・

 なお、拙作、起句の「秋天」と転句の「雪兎」は二季に跨っていますが、承句の「久」がそれらをつないでいます。狩人が句を案じ始めたのは秋であるが、久しく切り株を守って居眠っていたので、いつのまにか冬になったことにしています。