2010-01-31

〔新撰21の一句〕相子智恵の一句 佐藤明彦

〔新撰21の一句〕相子智恵の一句
遍在する「我」……佐藤明彦


一滴の我一瀑を落ちにけり  相子智恵

相子智恵氏は、2006年から二年間にわたって「童子」に句評を寄稿している。読み返すと、次のような一節があって、胸が躍った。

本当の意味で「見る」とは何だろう。客観写生といいつつ、私たちは一句を仕立てるとき、見たものをわざわざ手垢の付いた見方に(表現に)置き換えてしまってはいないだろうか。(07年1月号)

どの言葉もそれぞれの度合いで手垢にまみれている。それらの言葉を組み合わせることでまた別の度合いの手垢の付いた表現になる。その度合いを逆手にとって俳味を生じさせるのだが、おうおうにして常識的なありきたりの組み合わせに解消しようとする。そのほうが大方の共感が得られて安心だからだ。誰もがつくり得る、またすでに何度もつくられてしまったと思わせる「写生句」が少なくないのはそういった事情による。しかし写生を超えてまだつくられていない世界を現出させるのもまた言葉の組み合わせのほかはない。
「一滴の我」とは大胆で一見異様な措辞であるが、ストンとこちらの胸に落ちてくる。つまり素直に感受できるフレーズである。「一瀑」という現前に、「一滴の我」という言葉が飛び込んできたのではなかろうか。
大胆というのは、「一滴(の水)」「一瀑」「落ちにけり」の、いわば常識的なありようを瞬時にして違う世界へ導く語が「我」であるからだ。一滴一滴のあつまりとしての滝。その一滴の「我」。一滴一滴の、無数の「我」が落ちてゆくとは、滝を凝視した果てに滝そのものにならなければ出てこない「見方」だろう。それは滝に変身したというようなものではなく、滝と「我」との区別がなくなったということだろう。常識の垢を削ぎ落とした果てに「我」が滝そのものになっている。

俳句とは自分を開いて、森羅万象を受容し、肯定する文芸ではないかと私は思う。(07年12月号)

彼女の師小澤實氏の俳句観との強い共振が感じられるこの一文は、掲句の、別々に書かれた自註として読んでもいいものだ。





邑書林ホームページでも購入可能。

0 コメント: