2010-05-02

後記+プロフィール158

後記 ● 山口優夢


今週号にもレポートが掲載されていますが、去る4月29日の夕方、週刊俳句3周年記念のオフ会を開催いたしました。おかげさまをもちまして50名近くの方にお越しいただき、大変楽しい夜を過ごさせていただきました。

北村宗介先生の書道ライブ、パワフルでとても見ごたえがありました。僕自身もすっかり観客の一人となって楽しませていただきました。ライブを終えたあともテンションが上がりっぱなしの北村先生とお話させていただいて、書を書くのをご自身が楽しんでいらっしゃるのと同時に、文字を書くという行為に対して最上級の敬意を払っているのが分かって、感じ入りました。始まる前の意識の集中、書いている最中の姿勢のよろしさ、書き終わった後のハイテンション。これぞ本物の芸術家だなあ、と感動しました。

週俳を支えてくださっている皆様にお会いできたことは、大変ありがたかったです。週俳へのコメントで茅根知子さんが「週刊俳句を作っている人(お当番?の人のことです)が楽しそうにみえる。それが何よりだ。おめでとう。」と書いてくださったのがすごく印象的で、ひょっとしたらあの会は、誰よりも自分たちのために開かれた会だったのかもしれない、と今から振り返るとそう思っています。もちろん、週俳に関わってくださる皆様のための会だったのですが、終わってみれば一番元気をもらったのは自分たちだったのかもしれません。

忙しい中足を運んでくださった皆様、北村先生、揮毫句を書かせていただいた先生方、素晴らしいスピーチをしていただいた西村睦子さま、コーデュロイのジャケットという服装が僕とかぶってしまった田島さん、受付など手伝ってくださった方々、涵徳亭の皆様、そしてこれを読んでくださっている皆様。いまいちど、週俳スタッフ4人を代表して、大きな声で申し上げます。

どうもありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。



さて、世の中はゴールデンウィークですね。遠出される方もたくさんいらっしゃるでしょうか。

うちでごろごろしているという方はぜひ週俳をご覧ください。今週も話題の方が筆をふるっていらっしゃいます。

十句作品をお寄せいただいた柴田千晶さんは去年、句集『赤き毛皮』を出版されました。句集の最後には

男根、魔羅、女陰という言葉を使うと即破礼句なのか?

という一文で始まる刺激的な論も掲載されており、その言葉通り、性的なものを扱いつつ迫力のある文体を体現なさっている方だと思っています。また、性的なものだけにとどまらない鋭い批評性は今回の十句作品においても注目のしどころではないでしょうか。

遠出に行かれるという方も、遠出から帰ってきたらぜひご覧になってください。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょ う。


no.158/2010-5-2  profile

■柴田千晶 しばた・ちあき
1960年横須賀生。「街」同人。句集『赤き毛皮』(金雀枝舎)、詩集『空室1991-2000』(ミッドナイト・プレス)、『セラフィタ氏』(思潮社)で第40回横浜詩人会賞受賞。映画脚本「ひとりね」。金雀枝舎HP http://hiniesta.blog42.fc2.com/ ブログ http: //air.ap.teacup.com/chair/


■大井さち子 おおい・さちこ
1960年生まれ。長野県在住。「鷹」所属。句集「秋の椅子」(2009年邑書林)。

■小川春休 おがわ・しゅんきゅう
1976年、広島生まれ。1998年「童子」入会。2009年「澤」入会。現在「童子」同人、「澤」会員。句集『銀の泡』。サイト「ハルヤスミ web site

小野裕三 おの・ゆうぞう
1968年、大分県生まれ。神奈川県在住。「海程」所属、「豆の木」同人。第22回(2002年度)現代俳句協会評論賞、現代俳句協会新人賞佳作、新潮新人賞(評論部門)最終候補など。句集に『メキシコ料理店』(角川書店)、共著に『現代の俳人101』(金子兜太編・新書館)。サイト「ono-deluxe」

■久保山敦子 くぼやま・あつこ
1955年福岡県久留米市生まれ。「白桃」同人。第8回(2005年)朝日俳句新人賞受賞。

■神野紗希 こうの・さき
1983年6月4日、愛媛県松山市生。句集に『星の地図』。お茶の水女子大学博士課程在籍。現在、NHKBS俳句王国の司会。

■ふけとしこ 
本名福家登志子。岡山県生れ。「カリヨン」を経て現在「船団」所属。句集『鎌の刃』『真鍮』『伝言』『インコに肩を』他に『ふけとしこ句集』『草あそび』等。1995年俳壇賞。大阪市在住。

三木基史 みき・もとし
1974年生まれ。「樫」所属。第26回現代俳句新人賞。


■野口 裕 の ぐち・ゆたか
1952 年兵庫県尼崎市生まれ。二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)は4月10日に第四号を発行。入手希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp  ま で。進呈します。 サイト「野口家のホーム ページ」


さいばら天気 さいばら・てんき
1955年 兵庫県生まれ。 1997年「月天」句会で俳句を始める。1998~2007年 「麦」在籍。現在「豆の木」会員。現代俳句協会会員。2003年「麦」新人賞、05年、06年「豆の木賞」受賞。ブログ「俳句的日常」「七曜堂」 twitter

■山口優夢 やまぐち・ゆうむ
1985 年、東京生まれ。東京大学大学院博士課程1年。東大・早稲田など東京の学生俳句サークルやTHCの句会などに参加。第六回俳句甲子園団体優勝・個人最優秀 賞。第 二回龍谷大学青春俳句大賞大学生部門最優秀賞。第四回鬼貫青春俳句大賞優秀賞。好きな惑星は火星。ブログ「そらはなないろ」

0 コメント: