2010-06-06

【週俳5月の俳句を読む】上田信治

【週俳5月の俳句を読む】
〜なーんだ? とつける  …… 上田信治


蒲の穂のつぎつぎ光り陣痛来  柴田千晶

性と痛みのドラマを、憑依と言いたくなるような直接性において描く作者。今回の一連、むしろ、ドラマチックなものと語り手に距離があり、その距離が審美的。

陣痛は、頭に閃光が飛ぶほど痛いよ、と、言えば実も蓋もないことが、蒲の穂を渡る光(が近づいてくる)ことに喩えられていて、因幡の白兎とかも連想していいんでしょうか、Mっぽく美しいかな、と。

バスタブに旧約聖書緑の夜

タブタブと水がたたえられた浴槽に、原罪の書をぽちゃん、語り手は、それに身をひたす寸前、鬱勃たる「緑の夜」をうけとめつつ一体化しつつ・・・と、いわゆる「女生徒」もののような道具立てで、清潔です。


母と行き父と戻りし遠花火  西澤みず季

「いはゆる贋の記憶」というふうに読みました。

そんな不思議な記憶が残るような、子供の心には理解できない、ある家族の状態があった・・・のかもしれない、あったんだったりしてね、と。

あるいはこれは、きっと「なぞなぞ」なんでしょう。うしろに「〜なーんだ?」と、つける。


躙り口より二輪草を招き入れ  渡辺誠一郎

同じ作者の〈昼寝の首が伸び水車回り出す〉に「〜なーんだ?」とつけると、水木しげる的民俗学的幻想の世界に入り込むこと、が答になる。

掲句の答は、なにかをかわいいものを、無意識のレベルにおいて許す、ということでしょうか。それは、可憐な花のようであり、二輪車が植物化したもののようでもあり、呼べば自分で入って来る(やはり妖怪のたぐいかも知れない)。


緑雨かな白き鸚鵡に迎へられ  榎本 享

つまり、そこは異界です、ということになるのだが、相手が鸚鵡なだけに、次の瞬間、だれのセリフを棒読みしてくれるのか、という、すてきなスリルがある。


花どきの空の冷たさメダルにあり  渋川京子

え、オリンピックのメダル? ゲームセンターのメダル? なんのメダル? と聞き返してしまって、いや、文脈無しではなんのメダルだか分からないのが、メダルの本意というものかと思うと、手にしたメダルがあらためてひんやり。


柴田千晶  ダブルベッド 10句 ≫読む
西澤みず季  遠花火 10句 ≫ 読む
榎本 享  緑 雨 10句 ≫読む
渡辺誠一郎  二輪草 10句 ≫ 読む
渋川京子 遠きてのひら 10句 ≫読む


0 コメント: