2011-02-27

西原天気 ゆび 100句テクスト 

奉納 「100題100句2011」
西原天気 ゆび 100句 


001:初
東一局初手から亀を鳴かせけり

002:幸
幸せとは何ぞやと問ふ田螺かな

003:細
チューリップ委細を省くこと大事

004:まさか
まさかこの局面で海胆すするとは

005:姿
姿見の裏は朧の夜なりけり

006:困 神野紗希に寄す
春眠にナウマン象が来て困る

007:耕
いつまでも見つめていたい耕耘機

008:下手
下手より梅を片手に男役

009:寒
阿寒湖に春がお越しになりまして

010:駆
竹馬の早駆けにして日脚伸ぶ

011:ゲーム
タカラ人生ゲームぞ春の野を進む

012:堅
このたびの目刺は堅しほろにがし

013:故
はるけしや故郷に磯巾着が揺れ

014:残
真昼ふとパンジーほどの残尿感

015:とりあえず
とりあへず瀬戸の入り日と飯蛸と

016:絹
春宵のピアノを聞けり絹のシャツ

017:失
失せ物は出でず蛙に目を盗られ

018:準備
かひやぐら準備のいまだ整はず

019:層
行く春や層なす菓子をたひらげて

020:幻
幻燈の鳥は横向き春ゆふべ

021:洗
てふてふや靴を洗ふに紐を抜き

022:でたらめ
でたらめな人生ですが桜餅

023:蜂
蜂蜜が錠剤となる日永かな

024:謝
感謝する心が大事うまごやし

025:ミステリー
春の蚊やゆつくり捲るミステリー

026:震
しやぼんだま毀れるまでを震へつつ

027:水
春の暮おなかがすいて水を飲む

028:説
めばる喰はせよ説明はそこそこに

029:公式
公式のひとつおぼえや柳絮とぶ

030:遅
燃えきつて灰のあたたか遅日なり

031:電
陽炎の三ノ輪へ向かふ電車かな

032:町
よろよろと春が来てをり鳩の町

033:奇跡
蠅生るる奇跡をこのところ思ふ

034:掃
ももちどり朝の掃除を欠かさずに

035:罪
かはうそに罪をかぶせて萵苣畑

036:暑
春きざす避暑地に人の子が生まれ

037:ポーズ
マネキンの春天あふぐポーズかな

038:抱
恋終えし猫を抱けば日の匂ひ

039:庭
庭球のボールの臍よ啓蟄の

040:伝
電線を声の伝はる春の暮

041:さっぱり
書を閉ぢて以降さつぱり囀らず

042:至
石鹸玉吹いてよこすや至近距離

043:寿
電球の寿命と思ふ梅月夜

044:護
蛤の這うては護国神社まで

045:幼稚
一年を通じてさくら幼稚園

046:奏
三月の奏楽堂で逢いませう

047:態
アネモネの絵にも描けない媚態かな

048:束
吊るし売る亀の子束子あたたかし

049:方法
方法のあれこれ味噌汁に若布

050:酒
するめピーナッツなども酒屋で春ゆふべ

051:漕
春風駘蕩漕ぎ手らのみな同じ服

052:芯
黄水仙いかにも芯の強さうな

053:なう
桃の花ひとのことばにうべなうて

054:丼
春きざすことカツ丼の玉子の黄

055:虚
春の雲サンドイッチに虚実なし

056:摘
戴冠のためのしろつめくさを摘む

057:ライバル
ライバルのアールとエルよかぎろへり

058:帆
帆をくれてやりたし今朝のあをむしに

059:騒
暮れかねて舊字が騒ぐ紙のうへ

060:直
直球で攻めてくるひと木の芽和へ

061:有無
けふ空は有無を言はさぬ霞み方

062:墓
別れ霜石屋が墓を抱き起こす

063:丈
日が沈む丈の揃ひし菜の花に

064:おやつ
日出づる国のおやつぞ黄金粉餅

065:羽
引鶴の機首がかたむく羽田へと

066:豚
豚小屋のひなたひのかげ交配期

067:励
北窓をひらくや励まされてゐる

068:コットン
コットン五〇パーセント決算大特価

069:箸
蕗味噌をちよつこし箸の先つぽに

070:介
春寒の肌を寄せ合ふ魚介類

071:謡
春日傘ゆれてすつかり歌謡曲

072:汚
春泥に汚れしストッキング脱げよ

073:自然
のどかなり自然観察家のめがね

074:刃
鱒に刃を乙女はまなこ見開きて

075:朱
春は来ぬ朱肉に触るるおやゆびに

076:ツリー
クリスマスツリーの仕舞ひ忘れかと

077:狂
薔薇の芽や癲狂院はいまむかし

078:卵
鶏卵に日の当りたる上野かな

079:雑
囀りのガラスを拭いてゐる雑巾

080:結婚
結婚せむ草萌の土手ころげつつ

081:配
つちふるや配電盤は外にある

082:万
春の海みなで万歳して笑ふ

083:溝
レコードの溝の終りは春の雨

084:総
下総を駆けて転んでスイトピー

085:フルーツ
なみなみとフルーツポンチ春の家

086:貴
きさらぎや高貴な人が象のうへ

087:閉
春障子閉づるおでこがかはいらし

088:湧
湧き出でて夢の中まで蝌蚪の紐

089:成
学成らず胸にぽつかり夏みかん

090:そもそも
そもそもが聖書に異本蝶に髭

091:債
債権者会議はつづく春の蠅

092:念
念ずればひとさしゆびは鶯に

093:迫
戸口まで流氷迫りくる気配

094:裂
てふてふの翅裂くやうな夜が来て

095:遠慮
栄螺焼く深謀遠慮まるでなく

096:取
春眠の果ての鳥取砂丘かな

097:毎
毎日が花鳥諷詠ときどき屁

098:味 寺山修司に寄す
つくづくに俳句は呪文海苔に滋味

099:惑
くれぐれも惑はさるなよ梅は梅

100:完
人それぞれ春はいろいろこれにて完

1 コメント:

沖らくだ さんのコメント...

感想を優夢さんの記事の方に付けてしまったようです。スイマセン^^;