2011-03-26

後記+プロフィール 205

後記 ● 上田信治


3月12日13日に送ったメールには、みなさんに「びっくりしましたね。だいじょうぶでしたか」と、書きました。

そのあと数日間に送ったメールには「すべての人に平穏な日々がおとずれるよう、祈りつつ」と、書きそえました。

もちろん、ほんとうの気持ちではあるんですけど、やっぱ、ちょっと歯が浮くかんじだったので、それは、やめました。祈り「つつ」じゃねえだろ、とか思って。

なので、そういう挨拶は抜きにして(と、挨拶を入れつつ)。



望月周さんは、昨年、山口優夢さんと角川俳句賞を分け合った、あの方です。

今井聖さんの「奇人怪人俳人」は、俳人異名録。第1回は「寒雷」の外には、あまり知られていない作家、佐藤秋水。私も存じ上げませんでしたが、句も逸話も、すごくいいですよ。

橋本直さんの花鳥諷詠論と合わせての、俳誌からの転載シリーズ。これからも充実させていきたい。これは、と思う記事がありましたら、ぜひ、ご推薦ください(自薦でもけっこうです)。

澤田さんは、なにか、急接近してきている気がするのですが、なにかプレートテクニクス的なあれでしょうか(澤田さん、浜松の人なんですよ)。

澤田さんからは、半年間隔の往復書簡をやりましょうと、提案をいただいています。急接近してきてるわりには、気が長いと思ったら、投句コーナーに作品を寄せて下さいました。



今月でいったん、現行の投句欄、終わらせていただきます。作品をお寄せくださった皆様、鑑賞を書いて下さった評者の皆様、読者の皆様、ご愛顧、誠にありがとうございました。こちらも面白かったです。

投句欄は、また、違った形での復活を計画しております。



地球も国もいろいろ、ありますね。ほんとに。



それでは、また、次の日曜日にお会いしましょう。



no.204/2011-3-20 profile

■望月 周 もちづき・しゅう
1960年、東京都生まれ。1998年「百鳥」入会。2010年角川俳句賞受賞。

■今井 聖 いまい・せい
1950 年新潟に生まれ鳥取に育つ。14歳より作句。1971年「寒雷」入会。「寒雷」編集部を経て、1996年「街」創刊、主宰。脚本家として映画「エイジアン ブルー」他。句集『北限』『谷間の家具』。2007年『バーベルに月乗せて』(花神社)。2009年、長編エッセイ『ライク・ア・ローリングストー ン』(岩波書店)「街」HP


■橋本 直 はしもと・すなお
1967年生。「豈」同人、「鬼」会員。「俳句の創作と研究のホームページ」

■澤田和弥 さわだ・かずや
1980年生。「天為」同人。
「天為」20周年記念作品コンクール随想の部第一席。

■長谷川 裕 はせがわ・ゆたか
1950年東京生まれ。「百句会」世話人。句集に『彼等』(西田書店2003年)。

■野口 裕 の ぐち・ゆたか
1952 年兵庫県尼崎市生まれ。最終号となる、二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)第五号を鋭意作成中。既刊希望の方は、
yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ

■十月知人 とつき・ともひと
岡山市出身。2010年からネット上で俳句や詩を発表。

■園田源二郎 そのだ・げんじろう
滋賀県生まれ。2010年 第四回芝不器男俳句新人賞特別賞

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。ブログ「胃のかたち」

0 コメント: