2012-01-15

〔週俳12月の俳句を読む〕榎本享

〔週俳12月の俳句を読む〕
読み返すたびにきっと新しい

榎本 享


水替へて金魚にあたらしき寒さ  原 雅子

かねがね<寒し><冷たし>などの季語を使いこなしたいと願っているが、これが至難の業である。水を替えたばかりの冬の金魚を詠んだこの句が成功したのは、「あたらしき寒さ」という言葉を見つけたからだ。ありふれた形容詞を生き生きと使った作品は、読み返す度に新しい感動を与えてくれるに違いない。


鍵盤のぽつぽつ沈む冬の星  高勢祥子

窓の向こうに冬の星空。硝子一枚を隔てた暖かな部屋。ピアノに向かって、流れるような調べを奏でるのではない。一音一音確かめるように、人差し指一本で鍵盤を押さえてゆ
く。指先から生まれ出た音が、寒い心に、余韻を伴って沁み込んでくる。「ぽつぽつ沈む」が上手いなあ。


あざやかな平手打ちなり冬夕焼  渋川京子

すぐに消えてしまいそうな、冬の夕焼を見やりつつ語り合っていたふたり。突然くらった平手打ちに、たった今自分の口から飛び出した言葉の罪を感じる。その場では、その鮮やかさにただただ驚愕しているだけだが、後日思い出した時には、本気で怒ってくれる人がいる幸せを、「パシッ」という鮮やかな音と共に噛みしめることだろう。


年の夜も川を渡つて帰るかな  阪西敦子

毎晩川を渡って帰る。一日として同じ表情の川はなく、どこか何かが違って見える。それでも年の夜は格別だ。見下ろす作者の気持に一区切りがあるのだから。年を越す家々の灯が、いつもよりうんと明るいのだから。去年今年の感覚は、こういう川が教えてくれるのだろうな。


白菜を載せてベニアのべこと鳴る  津久井健之

朝市の用意だろうか。伏せた四つの酒瓶ケースにベニア板を渡す。そして人参や蕪や葱の中からまず白菜を掴み出して、どんと載せる。その時、ベニアが「べこ」と鳴ったのだ。使い古して波打った板の立てる音。その瞬間を聞きとめるのが俳句。はっとして書きとめるのが俳句。


第241号 2011年12月4日
原 雅子 或る日 10句 ≫読む
高勢祥子 水音 10句 ≫読む

第242号 2011年12月11日
渋川京子 黒セーター 7句 ≫読む
山田露結 中古の夢 7句 ≫読む
阪西敦子 年の夜 7句 ≫読む
小野あらた 粗目 7句 ≫読む

岡野泰輔 行く年 7句 ≫読む
太田うさぎ 歌謡曲 7句 ≫読む
津久井健之 ボウル 7句 ≫読む

0 コメント: