2012-01-15

〔週俳12月の俳句を読む〕奥坂まや

〔週俳12月の俳句を読む〕
言葉の錘

奥坂まや


電飾寒し人を待つ人ばかり  原 雅子

クリスマスが近づいてくると、夜の街がイルミネーションで輝き出す。近頃は十一月の初め頃からチカチカと始まってしまう。おまけに、息苦しいまでに光の密度が濃い。

その濃密な電飾空間で、人待ち顔の男女がたくさん佇んでいる。待っている、というオーラが幾重にも垂れ込めて、ますます窒息しそうな雰囲気。街自体も、滅びを待っているのかもしれない。遠くない消滅を予感し、精一杯煌びやかに装っているのかもしれない。
 

枯原の中の灯台ならば抱く  高勢祥子

枯野を独りで歩いていると、どこまで歩いても果てが無いような気持になる。世界のなかで一人ぼっちになってしまって、無限空間をさまよっている悪夢。夢と分かっても、どうしても出られない。

そんな時に、不意に灯台が見えてきたなら、きっと走り出す。走りよって、感極まって抱擁する。サハラ砂漠に不時着した操縦士が出逢った、星の王子様のような灯台。


顔ひとつ重し重しと野菊摘む  渋川京子

人間は言葉を獲得してしまった。でも言葉って、存在しているものとの距離のことだから、言葉が増えてゆけばゆくほど、人間はありとあらゆるものから離れてゆく。

野菊に較べて、なんて私は重いんだろう。顔の裏側には言葉の錘がいっぱい詰まって、いまにも前につんのめりそう。せめて野菊の軽やかさを自分のものにしたいと思って、摘む。そして野菊を殺して、ますます重くなってゆく。


第241号 2011年12月4日
原 雅子 或る日 10句 ≫読む
高勢祥子 水音 10句 ≫読む

第242号 2011年12月11日
渋川京子 黒セーター 7句 ≫読む
山田露結 中古の夢 7句 ≫読む
阪西敦子 年の夜 7句 ≫読む
小野あらた 粗目 7句 ≫読む

岡野泰輔 行く年 7句 ≫読む
太田うさぎ 歌謡曲 7句 ≫読む
津久井健之 ボウル 7句 ≫読む

0 コメント: