2012-02-12

〔週俳1月の俳句を読む〕三島ゆかり

〔週俳1月の俳句を読む〕
損した気分

三島ゆかり


七曜のまたはじまつてしまふなり   西原天気

いうまでもなく山口誓子の「麗しき春の七曜またはじまる」を踏まえている訳だが、今年の元日は日曜。新年詠にして無季で一見どこか投げやりな詠みっぷりには、元日が日曜で損した気分と通じるものを感じる。誓子の明るさと希望(と戦後の開放感)に満ちた原句があるからこそのパロディだろう。


しんしんとハリマオ忌まで海の旅   佐山哲郎

いうまでもなく篠原鳳作の無季句「しんしんと肺碧きまで海のたび」を踏まえている訳だが、「肺碧き」の音になぞらえて「ハリマオ忌」なる架空の季語(?)をあつらえている(ちなみに検索すると「内縁のマレー貘ですハリマオ忌 裕」という句がヒットするので、根岸あたりでは以前から使われていたのかも知れない)。「七つの海をかけめぐり/正義に結ぶこの勝利」(作詞:加藤省吾)という『快傑ハリマオ』の主題歌をリアルタイムでご存じの方にとっては、掲句は単なるパロディを超えて万感の思いがあるに違いない。


第245号 2012年1月1日
生駒大祐 うしなはれ 5句  ≫読む
村田 篠 水鳥 5句  ≫読む
上田信治 ご町内 6句  ≫読む
西原天気 胸ふかく 5句  ≫読む

第246号 2012年1月8日
特集・新年詠2012  ≫読む  ≫読む  ≫読む  ≫読む  ≫読む  ≫読む

第247号 2012年1月15日
谷口智行 初 暦 7句 ≫読む
小林千史  7句 ≫読む

第248号2012年1月22日
雪我狂流 日向ぼこ 7句 ≫読む
依光陽子 涯 hate 7句 ≫読む
矢口 晃 蝌蚪は雲 7句 ≫読む
山下つばさ ぱみゆぱみゆ 7句 ≫読む
福田若之 既製品たちと歌ううた 7句 ≫読む

第249号2012年1月29日
望月 周 冬ゆやけ 7句 ≫読む
林 雅樹 紛糾 7句 ≫読む
松本てふこ 遊具 7句 ≫読む
野口る理 留守番 7句 ≫読む


0 コメント: